商品別 > 特別栽培米

  • [新米30] 新潟産コシヒカリ 特別栽培米 5kg(5kg×1袋) 契約栽培米
    [新米30] 新潟産コシヒカリ 特別栽培米 5kg(5kg×1袋) 契約栽培米
    4,115円
    特別栽培米 新潟産コシヒカリ1
    ※ 【特別栽培米】新潟産コシヒカリ について

    越後米藏の「特別栽培米」は当店が信頼を寄せる熟練農家でなければ栽培を任せられない訳があります。

    「特別栽培米」は国が定めた特別栽培農産物のガイドラインに従って、 化学合成農薬および化学肥料の窒素成分を慣行レベルの5割以上削減して生産することが定められているからです。

    こうなりますと雑草は増えるは虫は飛び回るはで作業の煩雑さは凄いことになってきます。農家の稲の管理に関する経験と勘は勿論ですが、手間暇かけて稲を守り育てる根気が必要になってきます。

    失敗するリスクもありますから、本当に旨い米づくりに掛けた並々ならぬ情熱が無いと普通は面倒臭がって取組んでもらえないのです。

    このようにプロフェッショナルによって栽培された「特別栽培米」は香りツヤは格別。甘みもしっかりして噛むほどに弾けるような食感が食欲掻き立てられます。

    当店の代表格とも言うべき新潟産の特別栽培米、例年、販売先がほぼ決まっていて米藏の店頭にはお出しできなかった商品なのですが、 栽培の段階からお願いし栽培数量を無理やり若干増やしてもらい販売に漕ぎ着けました。

    当店の「特別栽培米」といえば、 魚沼産塩沢、佐渡産國中産(朱鷺)が人気を得ていますが、仲々どうして新潟蒲原産も米藏おすすめしたい逸品です。贈り物などにもぜひどうぞ。 

    新潟産のコシヒカリは、一般財団法人日本穀物検定協会が主催する「米の食味ランキング」では常にAにランクされており日本全国の皆様から高く評価されています。


    特別栽培米 新潟産コシヒカリ1
  • [29年産] [極上] 魚沼産コシヒカリ 特別栽培米 白米 5kg(5kg×1袋) [特A][希少][新潟県][契約農家栽培]
    [29年産] [極上] 魚沼産コシヒカリ 特別栽培米 白米 5kg(5kg×1袋) [特A][希少][新潟県][契約農家栽培]
    5,400円

    炊飯米として日本一のおいしさといわれるコシヒカリ。コシヒカリ栽培に理想的といわれる条件をすべて兼ね備えている魚沼産で生産者指定した契約栽培米。
    旨みも香りも一級品です。贈り物などにもぜひどうぞ。


    米の食味ランキング

    魚沼産のコシヒカリは、一般財団法人日本穀物検定協会が主催する「米の食味ランキング」では常に特Aにランクされており日本全国から高く評価されています。

    新潟米は何でおいしいといわれるの?
    美味しいお米が育つための条件がいくつかあります。
    まず土と水ですが、新潟は全国に名だたる豪雪地帯。 春先、多くのミネラル分を含む雪解け水は栄養豊富な土壌を作り上げます。そして気候ですが、お米がうまみをもつために必要な登熟期の昼夜気温の寒暖差が新潟では理想的なのです。これは田んぼの表面に溜まりがちな悪性のガスを吹き飛ばしてくれるからです。
    このような説が一般的ですが、このような稲作環境は何も新潟だけにあるわけではありません。やはりお米も生き物です。 自然のなせる技、理屈では割り切れない部分もいまだ多くあるようです。
    とにかくコシヒカリという品種は他のどこよりも新潟の地に適合したお米といえます。

  • [29年産][朱鷺と暮らす郷づくり認証米] 佐渡産コシヒカリ 特別栽培米 白米 5kg(5kg×1袋) [特A][契約栽培][新潟県]
    [29年産][朱鷺と暮らす郷づくり認証米] 佐渡産コシヒカリ 特別栽培米 白米 5kg(5kg×1袋) [特A][契約栽培][新潟県]
    4,150円

    佐渡沖を流れる対馬海流の影響で、冬は本土より暖かく夏は涼しい佐渡島のお米は、稲の稔りの期間が長く、じっくりと熟成されていきます。 独特の粘りとしっかりとした食感、噛みしめるほどに口に広がる甘みが特徴です。
    栽培期間中、化学農薬や化学肥料を、佐渡地域慣行栽培基準から5割以下に減らして栽培された、安心・安全のお米です。


    米の食味ランキング

    佐渡産のコシヒカリは、一般財団法人日本穀物検定協会が主催する「米の食味ランキング」では常に特Aにランクされており日本全国から高く評価されています。


    新潟米は何でおいしいといわれるの?
    美味しいお米が育つための条件がいくつかあります。
    まず土と水ですが、新潟は全国に名だたる豪雪地帯。 春先、多くのミネラル分を含む雪解け水は栄養豊富な土壌を作り上げます。そして気候ですが、お米がうまみをもつために必要な登熟期の昼夜気温の寒暖差が新潟では理想的なのです。これは田んぼの表面に溜まりがちな悪性のガスを吹き飛ばしてくれるからです。
    このような説が一般的ですが、このような稲作環境は何も新潟だけにあるわけではありません。やはりお米も生き物です。 自然のなせる技、理屈では割り切れない部分もいまだ多くあるようです。
    とにかくコシヒカリという品種は他のどこよりも新潟の地に適合したお米といえます。

1

(カテゴリー内 : 3点)